トップページ > 会議所について > 会頭ご挨拶

会議所について

会頭ご挨拶

秋山会頭年頭所感「新時代で躍進」

日立商工会議所 会頭 秋山 光伯

国内の景況につきましては、海外経済の影響などから生産面の伸びを鈍らせる不安要因もありますが、雇用や設備投資の堅調さから、全体的には回復基調にあるとの見解がなされております。また一方では、IoTやAIといった情報デジタル技術の活用や働き方改革への対応などの課題にも直面しております。

このようななか、国内企業359万社の99%を占める中小、小規模事業者にとりましては、その時の景気動向が生産活動に直結することから、依然として楽観できる環境にはないと思われます。

当市におきましては、生産人口の減少など地方都市共通の課題はありますが、今日まで磨き上げてきた「ものづくりの力」を核とする地域の潜在力が、今後も産業の持続・成長を先導していくものと確信しております。あわせて、地域振興の推進役としての商工会議所への期待も増していくものと捉えております。

今、社会全体が新しい時代を迎えたなか、日立商工会議所は、基本組織であります部会・委員会事業を通じまして、地域経済の活性化に向けた取り組みを力強く進めてまいります。

全会員事業所の約8割を占める小規模事業者の皆様に対し、金融や税務など経営の基礎的な支援を丁寧に行ってまいります。事業の持続化や新たな創業への手助けをはじめ、消費税率引上げ、キャッシュレス化などへの対応にも取組んでまいります。

また、運営基盤の強化に向けましては、組織強化に努めますとともに、日立市との連携を各方面に拡大し、社会基盤の拡充、人材雇用の確保に対する要望活動や意見交換を進めてまいります。

本年は、日立市市制施行80周年という記念の年を迎えます。市民念願の日立市新庁舎グランドオープンや茨城国体では、池の川さくらアリーナを会場に体操競技をはじめ数多くの競技が予定されております。

日立商工会議所は、会員事業所の皆様との結び付きをさらに強め、新たな時代で飛躍する年となるよう頑張る所存でありますので、一層のご支援ご協力をお願い申しあげます。

日立商工会議所 会頭 秋山 光伯

日立商工会議所宣言

  1. この地に根づいている『モノづくりの精神』を大切にし、新たな時代にふさわしい産業を興そう。
  2. 地域経済の発展のために適時、適切な提言、要望活動を推進しよう。
  3. 会議所活動の浸透を図るために、地域の声を事業に反映させよう。
  4. 豊かな地場産業を築くために、IT(情報技術)を駆使しよう。
  5. 中心市街地活性化のために、多角的にアプローチをしよう。