トップページ > 会議所について > 会頭ご挨拶

会議所について

会頭ご挨拶

秋山会頭年頭所感「変化への挑戦が未来を拓く」

日立商工会議所 会頭 秋山 光伯

国内の景気の動向につきましては、全体的には緩やかに回復していると見られておりますが、一方では、個人消費や設備投資の停滞、大企業と中小企業の格差、東京への一極集中化といった構造的な要因などから先行きに対して慎重な見方もなされております。

当地域におきましては、人口減少や高齢化問題をはじめ経済のグローバル化などによる競争が激化し、企業の生産活動を続けるうえで依然として厳しい状況にあり、主要企業の統合再編の効果が目に見える形となり、早期にこの閉塞感が払拭されますことを期待してやみません。

こうしたなか、平成29年度は、会員事業所の経営安定と持続的発展への支援や、商工会議所の基本組織であります部会・委員会事業を通じまして、地域経済の活性化に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。

なかでも、会員事業所における金融や税務など経営の基礎的な部分への支援はもとより、小規模事業者への伴走型支援を一層強化してまいります。

また、運営基盤の強化に向けましては、商工会議所活動に対する理解を高めるべく、さらなる組織強化を図りますとともに、日立市との連携を各方面に拡大、強化し、要望活動や意見交換を活発に行い、社会基盤の拡充に加え人材雇用の確保などを支援してまいりたいと思います。

経済、社会ともに激しく変化しておりますが、こうした変化に臆することなく、自ら行動し経営のイノベーションを推し進めていくことが、今まさに必要ではないかと強く感じております。 多くの課題を抱えての新年度となりますが、会員事業所の皆様方との連携をさらに強化し、この難局を乗り切ってまいりたいと思いますので、一層のご支援ご協力をお願い申しあげます。

日立商工会議所 会頭 秋山 光伯

日立商工会議所宣言

  1. この地に根づいている『モノづくりの精神』を大切にし、新たな時代にふさわしい産業を興そう。
  2. 地域経済の発展のために適時、適切な提言、要望活動を推進しよう。
  3. 会議所活動の浸透を図るために、地域の声を事業に反映させよう。
  4. 豊かな地場産業を築くために、IT(情報技術)を駆使しよう。
  5. 中心市街地活性化のために、多角的にアプローチをしよう。